オンダ国際特許事務所

【業種】その他サービス

工学部

オンダ国際特許事務所

1968年岐阜で創業。特許・意匠・商標等の専門家として産業の発展に貢献。
国内トップクラス!300名超の大規模な事務所で、知的財産の専門家として活躍。

専門

2010年 岐阜大学 工学部 生命工学科卒業
意匠商標本部 意匠部 弁理士

上野 友里

大学時代に力を注いだこと

大学では、工学部での研究の他、語学(英語)の習得に力を入れていました。1年生の時から英会話教室に通っており、在学期間中には休学をして、約1年間オーストラリアに語学留学をしました。その時に習得した語学力は、海外のお客様や特許事務所と仕事をする上で、大変役に立っています。

会社の特徴・雰囲気

当所は業績・規模ともに全国トップクラスを誇る、国際特許事務所です。特許本部はほとんど理系出身者ですが、意匠商標本部は文系理系問わず、様々なバックグラウンドを持つ人が働いています。また女性が多いことも特徴で、特に私が所属する意匠部は全員女性です。結婚や出産後も働き続ける人が多いので、ライフイベントによる働き方の変化にも理解が得られやすく、長く安心して働ける環境だと思います。

仕事内容、やりがい

日本国内及び外国での意匠権取得に向けた書類の作成が主な業務です。意匠は新しいデザインを保護するものですが、技術的な知識が必要な場面も多くあります。法律の知識と技術的な知識の双方が必要なため、難しい仕事である反面、無事にお客様が意匠権を取得でき、その製品を街で見かけたときは、とても嬉しい気持ちになります。

新型コロナへの対応

オフィス内の密を避けるため、在宅勤務が可能です。また、緊急事態宣言の発令有無に関わらず、新しい働き方として、在宅勤務をすることができます。オンラインでのミーティングも頻繁に行われており、在宅勤務であっても所員同士のコミュニケーションが従来通りとれるように努めています。

後輩へのメッセージ

知的財産の世界は、学生の皆さんにとっては馴染みが薄いものかと思いますが、当所は新卒採用を積極的に行っているので、ぜひ興味をもってもらいたいなと思います。特に、岐阜市内で長く、安心して働きたい方にはお勧めです。

オンダ国際特許事務所
  • 事業内容

    特許・実用新案・意匠・商標に関する国内外への出願代理、審判、判定、侵害事件、訴訟、鑑定、特許情報処理等の弁理士業務。商品開発支援、技術調査・評価、翻訳

  • 本社

    岐阜市大宮町2丁目12番地の1

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 総務部
    058-265-1810
    jinji@ondatechno.co.jp