ヒロセ電機株式会社

【業種】半導体・電子・電気部品

経済学部

ヒロセ電機株式会社

スマホ・ロボット・自動車など、様々な産業に貢献する電子部品メーカー。
経理業務から営業利益率20.9%・自己資本比率88%の好財務体質を支える。

事務・管理

2014年 立教大学 経済学部卒業
経理部

M.S

大学時代に力を注いだこと

私は赤レンガ造りの建物と緑豊かなキャンパスに憧れを持ち立教大学に入学しました。ゼミでは池袋の企業とコラボレーションをしてホームカミングデーでオリジナル商品を販売。企業への提案、販売価格の決定などをゼミのメンバーで協力して行いました。会計のゼミだったため、最終的に決算書を作成しました。「活動の成果が数字として表れる」という経験をしたことが、経理の仕事に興味を持つきっかけとなりました。

会社の特徴・雰囲気

当社はコネクタという電子部品を開発、製造しているメーカーです。スマホ・ロボット・自動車等様々な産業で当社の製品が使われており、高い技術力を強みに市場ニーズに合った新製品を開発しています。海外売上高比率は70%超とグローバルに事業を展開しており、営業利益率20.9%、自己資本比率88%(2021年3月期)と、高収益かつ安定した経営は高い評価を受けています。また、少数精鋭で社内の風通しが良く、部署や年代の垣根を超えて話しやすいのが当社の魅力です。

仕事内容、やりがい

メインの仕事は決算業務で、その以外に法人税・消費税の申告や予算業務も担当しています。自分が作成した資料が経営陣の判断材料となるため、責任とやりがいを持って仕事に取り組んでいます。決算業務の中でも有価証券報告書等の開示書類の作成はとてもタイトなスケジュールなので、チーム一丸となって業務にあたります。海外の子会社に問合せするなどして一つずつ問題を解決し、報告書を無事に提出できた時には大きな充実感を味わうことができます。

新型コロナへの対応

新型コロナの影響を受けて、自宅でリモートワークができるように環境が整備されました。部署や仕事内容によって在宅勤務の頻度は異なりますが、私が担当している決算業務はほとんどが在宅で行っています。国内工場や海外子会社への監査もリモートで行うなど時代の動きに合わせて対応をしていますが、現地に行くからこそ見える問題もあるので、移動制限が解除される日を心待ちにしています。

後輩へのメッセージ

私は社会人1社目の時は全く違う仕事をしていて、「やっぱり経理がやりたい!」と思って転職し現在に至ります。やりたいことに気づくのに時間がかかってしまいましたが、皆さんにはぜひ、就職活動の機会に「自分が何をしたいのか」をじっくり向き合ってみてほしいと思います。そしていろいろな業界や会社を見たり、OB・OGの話を聞いたりして、自分に合った会社を見つけてください!皆さんの就職活動を応援しています。

ヒロセ電機株式会社
  • 事業内容

    電子機器用コネクタ、高周波・光コネクタ、マイクロコネクタ、高周波・光デバ
    イスの開発、製造、販売。自動組立機、治工具、精密金型の開発、製造。

  • 本社

    〒224-8540 横浜市都筑区中川中央2-6-3

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人事部採用担当
    045-620-9246
    hrs.recruit.1a@hirose-gl.com