山陽特殊製鋼株式会社

【業種】鉄鋼・非鉄金属

大学院 工学研究科

山陽特殊製鋼株式会社

軸受鋼の国内シェアNo.1!業界トップクラスの技術力を誇る特殊鋼メーカー。
3Dプリンターに用いる金属粉末の新規開発で産業界に貢献。

技術・研究

2019年 大阪大学 大学院 工学研究科 マテリアル生産科学専攻修了
粉末事業部 粉末技術部 主任格

坂田 将啓

大学時代に力を注いだこと

大学では、鉄をはじめとする金属材料に関する研究をしていました。研究生活で学んだ金属材料に関する知識や考え方は、現在の業務を取り組む上で役立っています。また大学の研究室では、答えのない研究テーマに対して日ごろから考えるという習慣を身につけました。これにより、問題解決能力を養うことができたと思います。

会社の特徴・雰囲気

当社が手がけているのは、熱や摩耗に強く、寿命が長いという特性を持つ「特殊鋼」。自動車や新幹線、船舶、パソコンなどのOA機器からロボットまで、あらゆるところで活躍している素材です。中でも特に高い品質が求められる「軸受鋼」の製造で国内トップシェアを誇るなど、高い技術力が自慢です。職場は風通しが良く、若手でも意見を通しやすい環境で、達成感を感じながら働くことができます。 (※軸受鋼の国内シェアNo.1=2020年度実績)

仕事内容、やりがい

粉末技術部は金属粉末やその成形品に関して、企画・調査・開発から試作・製造・分析・品質管理・輸出に至るすべての業務を担当する部門です。私は3Dプリンターの造形に適した金属粉末の開発のほか、3Dプリンターを用いた試作造形、実験装置を用いての特性調査などを行っています。以前、作製した造形体の特性改善に向けた調査依頼があった際には「迅速な対応で、方針にも納得できた」とご満足いただき、大変嬉しく感じました。

後輩へのメッセージ

仕事では、新しいことへの挑戦や、答えのない課題に直面する場面があります。そのため、「問題解決能力」は欠かせないスキルだと感じます。大学生のうちに、物事に対して「なぜそうなるのか?」と考える習慣を身につけ、考える力を鍛えておくと、仕事で大いに役立つと思います。

山陽特殊製鋼株式会社
  • 事業内容

    特殊鋼製品、金属粉末製品、素形材製品の開発・製造・販売。自動車や鉄道など社会・産業を支えるインフラには不可欠な素材が「特殊鋼」であり、社会の発展に大きく貢献しています。

  • 本社

    兵庫県姫路市飾磨区中島3007番地

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人事・労政部 人事グループ
    079-235-6000
    saiyo@himeji.sanyo-steel.co.jp