三井金属鉱業株式会社

【業種】鉄鋼・非鉄金属

法学部

三井金属鉱業株式会社

創業140年以上。多様な素材で世界シェアNo.1を誇る、総合素材メーカー。
株主総会のオンライン化を推進するなど、総務担当として幅広く活躍。

事務・管理

2012年 立教大学 法学部 政治学科卒業
総務部 総務担当

山﨑 勝也

大学時代に力を注いだこと

大学時代、私はサークルやゼミ活動に力を入れて取り組んでいました。サークル活動ではスキーサークルに所属。年間で2か月弱、山にこもって練習していました。また、ゼミの研究では企業法務担当者が国際法(条約、慣例国際法など)上留意していること、契約書で心がけていることについて、直接の取材などを通じて理解していく取り組みをしていました。そうした経験が、今の仕事の進め方や様々な方との関わり方に大きな影響があったと考えています。

会社の特徴・雰囲気

社名から非鉄金属の鉱山開発や製錬事業を主としていると思われがちですが、当社は”マテリアルの知恵を活かす”というコーポレートスローガンのもと、自動車やスマホなど、幅広い製品の関連素材を製造している総合素材メーカーです。国内外に40以上の拠点を持ち、キャリア付き極薄銅箔では世界シェア90%、排ガス浄化用触媒では世界シェア50%など、様々な素材でシェアNo.1を誇っています。また、社内は非常に風通しが良く、意見が言いやすい環境も自慢の一つです。

仕事内容、やりがい

私の主な業務は、会社の最高意思決定機関である株主総会の運営や株主との対話です。それ以外にも、不動産の管理や活用方法の検討、社会貢献活動の企画や社内展開など、様々な業務に取り組んでいます。2021年の株主総会からは、遠隔地からも視聴できるバーチャル株主総会の導入に取り組みました。回線の安定性や遠隔地とのやり取りなど様々な障害はありましたが、一つひとつ乗り越え、大きな達成感を得ることができました。

新型コロナへの対応

私の所属する総務部では週に1回程度の出社、それ以外は原則在宅で仕事を行っています。他の部署でも多少の違いはあるものの同程度か、より少ない出社に抑えられています。出社した場合もソーシャルディスタンスを踏まえた席の配置をしていたり、適宜消毒がされていたりと安心して働ける環境だと感じています。また、新入社員の教育にはパワーポイントを使い、オンラインでも視覚的に分かりやすいように工夫しています。

後輩へのメッセージ

就職活動では説明会への参加やOB・OG訪問を積極的にすることをオススメします!多くの会社、多くの人に触れる貴重な機会ですので、説明会やOB・OG訪問を通じて社風や働いている社員の方々の人柄などを肌で感じ取ってください。当社でもオンラインでのOB・OG訪問を受け付けていますので、どうぞお気軽にご連絡ください!

三井金属鉱業株式会社
  • 事業内容

    機能材料・電子材料の製造・販売、非鉄金属製錬、資源開発、貴金属リサイクル、素材関連事業、自動車用機能部品の製造・販売などを行う総合素材メーカー

  • 本社

    東京都 品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー20階

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 経営企画本部 人事部 採用育成担当
    03-5437-8035 (受付時間:平日9時~18時 土日祝日除く)
    saiyo@mitsui-kinzoku.com