北海道ガス株式会社

【業種】電気・水道・ガス・エネルギー

工学部

北海道ガス株式会社

ガス、電気、熱、省エネ。北海道を支える総合エネルギーサービス企業で、
寒冷地向けのガス機器・システムの開発に携わり、省エネ製品を世に送り出す。

技術・研究

2013年 東京理科大学 工学部 工業化学科卒業
技術開発研究所 技術開発グループ

藤原 亮太

大学時代に力を注いだこと

大学時代は専門分野である化学の研究とアルバイトに力を注いでいました。北海道から上京したこともあり、友達をたくさん作って多くの人の考え方を吸収したいという思いが強く、最初は多くの人に話しかけていたのを覚えています。そのおかげで、知らない人の胸に飛び込んでいく度胸を養うことができました。また、子供の頃から化学の実験が好きで、大学1年時に実験で様々な薬品や器具を使用した際にはとても興奮したのを覚えています。

会社の特徴・雰囲気

北海道ガスの強みは常に新しいチャレンジをするところだと思います。環境変化がとても激しいエネルギー業界の中で、お客さまに何を提供できるのかを常に模索しています。私が入社してからの9年間だけでも、天然ガスの自前調達、電力事業参入、省エネ暖房制御の開発など、次々と新しい取り組みを始めています。また、社風としては「やる時はやる、休む時は休む」のメリハリがあり、プライベートの時間も充実させることができます。

仕事内容、やりがい

現在は、寒冷地向けのガス機器・システムの開発をしています。本州に比べ北海道は冬の暖房需要が大きいため、多くのエネルギーを消費します。その中で「最小のエネルギーで快適な生活空間を創造する」ことをモットーに新たな商品の開発などに励んでいます。自分の取り組んだ試験結果がもとになり、より省エネ性の高い商品の採用が増えた際は非常にやりがいを感じました。

新型コロナへの対応

新型コロナウイルスへの対応として、当社ではテレワークの推進、出張の禁止、Web会議の推奨などが行われています。開発の仕事なので、メーカーの方々と現地で直接意見を交わした方が良いと感じることももちろんあります。ただ、Web会議で共有できる内容も思った以上に多いため、ポストコロナの際には対面とWebをうまく使い分けていきたいと考えています。

後輩へのメッセージ

就職だけで自分の人生は決まりません。入社した会社でどう頑張り、成果を残していくかという過程の中でやりがいは見つかってきます。就活で本当にやりたいことが明確な人はあまり多くないと思います。だからこそ様々な企業に触れ、「自分がどのように活躍できそうか」というイメージを持ちながら就活をすると、満足のいく結果になると思います!OB・OG訪問も受け付けていますので、北海道ガスに興味がある方はぜひご連絡ください。

北海道ガス株式会社
  • 事業内容

    天然ガスをベースにした熱と電力の供給と環境をマネジメントすることで、お客さまの省エネと快適な暮らしを実現させ、北海道に適したエネルギー社会の形成をめざしています。

  • 本社

    北海道札幌市東区北7条東2丁目1-1

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 総務人事部人事グループ
    011-792-8307
    kg-ml-jinji@kitagas.com