株式会社山西

【業種】インテリア・建材・エクステリア

工学部

株式会社山西

東海エリアで約70年の歴史。木造建築の設計と資材提案の両輪で事業を展開。
無借金経営の安定した基盤を持つ山西で、木造建築物の構造計算に携わる。

技術・研究

2013年 愛知工業大学 工学部 建築学科卒業
木構造推進事業部 建築設計課 構造計算担当

三田村 俊晴

大学時代に力を注いだこと

大学時代、私は土を主原料とした建築技術である「版築」について研究する学生団体に所属していました。版築の良さを知ってもらうということを目的に、学内でのインスタレーションや学外での子供向けワークショップ、実大模型作成などを行いました。また学外では他の学生団体と共同でイベント運営なども行いました。この経験を通じて、何にでも挑戦してみようと思える前向きな姿勢や、企画立案のための思考力などを養うことができました。

会社の特徴・雰囲気

当社には「木造建築物の設計・構造開発及び加工」と「資材(木材・建材・設備)の提案」という2つの側面があり、総合的な提案力を有しているのが強みです。社内にそれぞれの分野のスペシャリストがいるため、円滑な連携をとることが可能です。また、当社は木構造技術について「社会のハブ」的な立ち位置にいるため、都市の木造化・木質化の情報をお客様である建設会社とともに、世の中に啓蒙することも当社の役目であると考えています。

仕事内容、やりがい

私は現在、木造建築物の構造計算をしています。工務店からのプラン図をもとに構造図面(骨組み)を作成し、その建物がより大きな地震に耐えられるように建物全体から部材1本1本に至るまで強度を計算して設計していきます。また、複雑な建物や中大規模建築については、「構造を成り立たせる」ところから検討していきます。苦労して設計した物件が身近に増えていくこと、そしてそれが人の生活や命を守っているということが大きなやりがいです。

新型コロナへの対応

当社では新型コロナの影響を受け、ソーシャルディスタンスを保てるように事務所の座席レイアウト変更し、パーテーションを設置しています。またお客様との打合せは電話とメールを主な連絡手段とし、社内外問わずオンライン会議も積極的に取り入れています。

後輩へのメッセージ

大学時代はデザインに興味がありましたが、仕事では「木造の構造的な考え方を身につけたい」という思いが強くなり、山西に入社しました。自分の長所が活かせる仕事なので、やりがいを持って働いています。就職活動では自分の好きなこと(得意なこと)を活かせる仕事に就くことが一番いいと思いますが、それが何かをまだ自覚できていない可能性もあります。書籍等を参考に自己分析をしっかりと行うことが仕事選びを失敗しないコツだと思います。皆さんの就職活動を応援しています!

株式会社山西
  • 事業内容

    ハウスメーカーやゼネコンに対する設計提案と新工法開発(意匠・構造設計、構造計算、新工法)、プレカット事業(木造建築物構造材を設計生産)、新築・リフォーム事業など

  • 本社

    愛知県名古屋市中区千代田2-1-13

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 総務部
    052-261-5466(代)
    info@yamanishi.co.jp