日東金属工業株式会社

【業種】金属製品

大学院 理工学研究科

日東金属工業株式会社

医薬品業界への納入実績、全国トップクラス!3,500種以上の自社製品を持ち、
オンリーワンのモノづくりを追求するステンレス製容器・機器メーカー。

IT

2013年 東京理科大学 大学院 理工学研究科 工業化学専攻修了
業務推進部 業務推進課 IT推進グループ

浪岡 喬臣

大学時代に力を注いだこと

大学院では、低温高圧下における無機材料の合成法について研究していました。通常は狙った条件のもと実験を行いますが、時々思いつきで試したことが意外にも成功することがあり、適度な遊び心の大切さを実感。他のメンバーの実験や議論も、研究のヒントになることが大いにありました。また、実験に必要な道具は自ら製作していたため、モノづくりにおける試行錯誤の面白さを肌で感じていました。

会社の特徴・雰囲気

60年以上続く日東金属工業は、ステンレス製容器・機器の企画・設計・製造・販売を手掛けるメーカーです。医薬品業界の他、化粧品業界、食品業界など幅広い取引実績があり、お客様のご要望に合わせたオンリーワンの製品を提供しています。当社は事務所と工場が同じ場所にあり、気軽に足を運べるため、デスクワークであってもモノづくりを体感できます。また周りは丁寧に教えてくれる先輩ばかり。有給休暇も取りやすく、働きやすい環境です。

仕事内容、やりがい

技術課での設計、営業でのお客様の要望を汲んだ最適な製品の提案など、これまでの実務経験・知識を活かして、ITでの業務改善に取り組んでいます。営業支援システムの運用管理やアプリ開発を行い、業務効率の向上や在宅ワークの支援をしています。今までアナログな部分が多かった為、効果が目に見えて分かり、社内でも喜んでもらえ、大きなやりがいを感じています。

新型コロナへの対応

可能な部署では在宅ワーク・時差出勤を実施しています。工場では自宅での溶接作業は難しいので、全体として社内外でのWEB打合せの実施、朝礼での体調確認、消毒液を設置して手指消毒の徹底や、換気を促す放送などのコロナ対策を行っています。また、多くの従業員の通勤方法が、車・バイク・自転車・徒歩ですので、不特定多数の方との接触をする機会が少ないです。

後輩へのメッセージ

勉強も遊びも全力だった学生時代の経験が、ITでの業務改善という新しい提案の仕事につながっています。今は情報はいくらでも手に入れることができますが、実際に自分で動いて体験したことがやはり一番身につきますし、意外なところで役に立つこともあります。学部・専攻にとらわれず、様々なことに興味を持って行動してください。

日東金属工業株式会社
  • 事業内容

    各種工業用(製薬、化学、化粧品、食品、半導体等)ステンレス製容器・機器の設計・製造・販売。2018年5月つくば工場が稼働しました。

  • 本社

    埼玉県八潮市二丁目358

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 総務経理課 採用担当
    048-996-4222
    somu@nitto-kinzoku.co.jp