株式会社大窪鐵工所

【業種】金属製品

システム理工学部

株式会社大窪鐵工所

圧倒的な技術力を武器に、大手メーカー向けの部品でシェアNo.1を複数獲得!
生産管理の仕事を通じて部品の安定供給に貢献するやりがい。

事務・管理

2015年 関西大学 システム理工学部 機械工学科卒業
生産管理部 生産管理2課 課長

平野 健太

大学時代に力を注いだこと

3~4回生時の研究活動が思い出深いです。希望の研究室ではなかったのですが、研究内容があらゆる分野での応用が期待されるものだと分かり、俄然興味が湧きました。平日のみならず土日まで、大学や地域の図書館に行き、関連する内容の書籍、文献を読み漁りました。その甲斐もあって、卒業時にOB会から表彰をいただくことができ、密かな自慢になっています。

会社の特徴・雰囲気

お客さまから技術力を全面的に信頼していただいているところが当社の自慢です。世界市場でシェア争いを繰り広げる名だたる顧客メーカーへの部品供給において、複数製品でシェアNo.1を占めています。最近は新規分野製品の生産も手がけており、業容拡大に伴い採用活動も活発に。若手社員の層が厚くなったと感じます。直近でも新工場の建設を控えるなど、創業70年を超える会社ではありますが、若手を中心にまだまだ成長できる会社だと思っています。

仕事内容、やりがい

生産管理というと納期管理、工程管理のイメージが強いと思いますが、私は生産技術・品質管理・調達も含め、当社の生産を円滑に行うために必要な仕事を幅広く行っています。守備範囲の広さ故の忙しさはありますが、それ以上に多くの知識や技術、経験を得ることができ、やりがいに繋がっています。そんな日々の中で「次はこういう風にしたい」という考えが湧いて来た時に『生産管理』という仕事の面白さを実感します。

新型コロナへの対応

会議や打合せ等が一部リモート開催になったり、時差で休憩を取ったりするなど働き方が変化しています。売上の観点では、コロナ禍の中でもそれ以前と同等かそれ以上の注文をいただいています。かねてより試作を繰り返して立ち上げた新規製品が軌道に乗ってきたことも大きな要因で、『技術力』というのはいかなる時でも強みになるのだと実感しています。

後輩へのメッセージ

私は就職活動の際、「最初に内定をいただいた会社にお世話になろう」と決めていました。それが大窪鐵工所で、入社して早7年になります。「理想通りで何の不満もない」とは言いませんが、ここに入社したことは全く後悔していません。たくさん悩んで、それでも迷った時はちょっとした「縁」や「運命」みたいなものに身を任せてみるのも良いかも知れません。皆さんが良い会社に巡り合えることを願っています!

株式会社大窪鐵工所
  • 事業内容

    建設機械や油圧機器部品の製造及び販売

  • 本社

    兵庫県明石市二見町南二見11-3

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 総務・経営管理課
    078-944-0005
    soumu@okubotk.co.jp