東邦チタニウム株式会社

【業種】鉄鋼・非鉄金属

工学部

東邦チタニウム株式会社

JX金属グループの総合チタン・化学メーカー。
日本で2社しかない世界でも珍しい会社で、工場設備の新規導入に携わる。

技術・研究

2012年 千葉大学 工学部 電子機械工学科卒業
技術本部 設備技術部 設計グループ

高 秉徹

大学時代に力を注いで良かった事!

大学では軽音楽のサークル活動に注力していました。ライブを数多く行う中で、より観客に楽しんでもらえるよう、衣装や演出、選曲など要望されたことや新しい企画を積極的に取り入れていました。この経験から、どんな依頼や要望でも必ず応えていく、チャレンジ精神を身につけることができました。当社では、誰もやったことがない仕事を任されることが多々あり、サークルで培ったチャレンジ精神がとても役に立っています。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

日本で2社しかなく、世界でも数少ないチタン製錬の会社であることが魅力だと思います。チタン製品は価格が高いイメージがあり、他の金属と比較してまだまだ身近な素材ではないのが現状ですが、裏を返せば、チタン製錬の歴史は浅く、他の金属よりも革新的な発見ができる大きな可能性を秘めています。チタンをより身近な金属として広めることができる、やりがいが当社にはあります。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

入社から現在に至るまで、新規に導入する工場設備の企画・設計・工事管理・官庁申請対応の業務を担当しています。チタン製錬では膨大な電気を必要とするため、間接的に膨大なCO₂が排出しているとも言えます。全世界でカーボンニュートラルの取組みをしているので、チタン製錬の電気使用量削減を目標に努めていきます。

新型コロナへの対応も安心です!

業務に支障がない範囲でテレワークを行い、フレックス制度を活用して時差出勤も行っています。職種によりけりですが、自宅で勤務する社員も増えています。製品の需要については、金属チタンはコロナ影響で落ち込んでいるものの、触媒・化学品は堅調・好調で、複数事業を展開しているメリットが表れています。

後輩へのメッセージ

コロナ禍の中、就職活動も制限される難しい状況ではありますが、ご自身の選択に悔いが残らないように、十分な情報を集めてほしいと思います。世の中にはたくさんの会社があり、同じ業種であっても経営方針や社風・カラーは様々です。その中で当社に興味を持って頂けましたら、ぜひお問い合わせください。皆様のOB訪問をお待ちしております。

東邦チタニウム株式会社
  • 事業内容

    金属チタン・プロピレン重合用触媒・電子部品材料の製造・販売

  • 本社

    神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 JR横浜タワー22階

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 経営管理本部 総務人事部 新卒採用担当
    045-394-5522
    saiyo@toho-titanium.co.jp