エイブリック株式会社

【業種】半導体・電子・電気部品

大学院 工学研究科

エイブリック株式会社

世界トップレベルシェアの製品を数多く手がけるアナログ半導体メーカー。
売上に大きく寄与するカスタムICを開発したことが大きな誇りに。

技術・研究

1987年 豊橋技術科学大学 大学院 工学研究科 電気電子工学専攻修了
CEO オフィス・チーフスペシャリスト

須藤 稔

大学時代に力を注いで良かった事!

大学では集積回路研究室で、半導体ICの回路設計、試作、評価を行っていました。具体的には生体信号を増幅するための高入力インピーダンス、低NoiseのOp-Amp、信号を光でテレメトリするICなどの開発です。回路設計だけではなく、実際にICマスクパターンの作製や、ICを試作する体験をできたことが、現在の仕事においても役に立っています。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

当社は時計用ICの開発からスタートしました。バッテリー動作の低電圧、低消費電流、高精度のアナログICを数多く商品化してきました。また、企画から設計、製造、販売、品質保証までの一貫した生産体制によって、高い品質管理を実現しています。高い技術を駆使した製品は、多くの自動車メーカー様から信頼をいただいています。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

私の主な仕事は新製品の開発です。今まで実現できなかった事を新製品で実現できるようになり、携わった製品によって世の中が便利に変わっていくことを実感できるのが、この仕事の一番の魅力です。私が入社4年目の時に、カスタムICの開発を担当し、その際に顧客の期待を上回るICの開発に成功しました。その製品群が今でもエイブリックの売り上げに大きく寄与している事が誇りです。

新型コロナへの対応も安心です!

新型コロナの影響を受け、会社に出社するのは週1~2日程度です。それ以外は在宅勤務をしていますが、毎日オンラインミィーティングを実施していますので、問題なく業務に取り組めています。個人的には、テレワークによって移動時間がなくなった分、趣味に時間がとれるようになりました。また、当社が扱う一部の商品では、引きこもり需要で生産体制の強化をするなど、社会の変化に合わせた事業展開をしています。

後輩へのメッセージ

私が入社を決めたのは、自由な雰囲気に惹かれたからです。社内では服装もカジュアルで、お昼休みにはスポーツを楽しむなど、みんなが生き生きしているところが魅力的でした。現状、実際に会社に行くことは難しいかもしれませんが、インターンシップ制度等を活用して、会社の雰囲気を生で体験することをお勧めします。OB・OG訪問を受け付けていますのでお気軽にご連絡ください!

エイブリック株式会社
  • 事業内容

    アナログ半導体ICの開発、製造、販売会社

  • 本社

    東京都港区三田3-9-6

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人材採用・共育センター
    03-5877-2017
    fresh@ablic.com