株式会社ハイドロ総合技術研究所

【業種】その他サービス

大学院 工学研究科

株式会社ハイドロ総合技術研究所

「数値解析」「情報システム」「科学技術」に特化した日本有数の企業。
高度な技術力で、海岸や波の高さの解析に挑む。

技術・研究

2019年 大阪市立大学 大学院 工学研究科 都市系専攻修了
大阪本社 海岸グループ 副主任

梅田 尋慈

大学時代に力を注いで良かった事!

大学で力を注いだことは研究です。所属していた大学から異なる大学の大学院に進学したため、環境の変化だけでなく、研究テーマも実験的なものから数値解析的なものに変わり、初めは苦労しました。しかし、研究を通して得た知識や経験は、現在の仕事において役立っています。特に、壁にぶつかった時に自分で解決策を考え、行動し、伝えるといった一連の流れは大切にしています。当時指導して下さった3名の恩師には、感謝しかありません。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

当社はインフラ整備関連事業において、「水」分野の数値解析および情報処理に特化している日本有数の企業です。お客様の多様なニーズに応えるべく、大学機関等の研究者との連携や様々な業務実績から得た高い技術力を強みにしています。高い技術力を持つ技術者からアドバイス等をいただけるため、良い経験になります。また、学会や社外セミナーへの参加を会社が推奨しており、自分のレベルアップを考えている人にとって魅力的だと思います。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

所属部署では、主に海岸に関わる解析を担当しています。中でも波の高さの解析が多く、波は変幻自在で気象や海岸の特性等の様々な要因によって変わるため、高い技術力が求められます。入社2年目の際に、ある県の港湾に来襲する波の高さを解析するといったプロジェクトがあり、先輩方に支えてもらいながらですが、そのプロジェクトのすべての解析を完遂することができ、達成感や自身の成長をダイレクトに感じることができました。

新型コロナへの対応も安心です!

新型コロナウイルスへの対応では、個人の働き方に応じてテレワークと会社への出勤を併用しています。他にも、通勤ラッシュを避けるための時差出勤や、社員全員のマスク着用、ビルや会社の入り口への検温器・消毒スプレーの設置等、感染予防対策が徹底されています。また、会社負担でPCR検査を受けられる体制も整備されています。なお、当社はデスクワークが中心であるため、新型コロナによる仕事への支障はあまりありません。

後輩へのメッセージ

会社に求めるものは人によって異なるため、「仕事をする上で何を一番大事にしたいか」が重要だと思います。それを考えるためには、自己分析や多くの会社に触れて情報を取り入れることが大切です。就活はマイナスなイメージに捉えがちですが、自分を知る良いきっかけでもあります。会社説明会でしか経験できないこともあり、実は刺激的なイベントです。コロナ禍で大変な時ですが、その経験も糧になると思うので頑張ってください。

株式会社ハイドロ総合技術研究所
  • 事業内容

    社会インフラ・防災・環境・サイエンスに関わる「数値解析」「情報システム」「科学技術」の技術サービスを提供しています。

  • 本社

    〒530-6126 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル26F

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 採用戦略グループ
    06-6479-3813
    saiyou@hydrosoken.co.jp