社会保険診療報酬支払基金

【業種】団体・連合会

文学部

社会保険診療報酬支払基金

診療報酬の審査と支払を通じて、医療保険制度を支える専門機関。
誰でも、いつでも、どこでも安心して診療を受けられる保険医療に貢献。

事務・管理

2008年 千葉大学 文学部 行動科学科卒業
本部 事業統括部 西地区事業サポート課

小貫 隆史

大学時代に力を注いで良かった事!

大学では卒業論文のための研究に力を注ぎました。認知科学を専攻していたため、文学部でありながら、仮説を立て被験者を集めて実験を行うという一連の流れを経験し、論理的思考力を身につけることができたと思います。また、学外の活動ではアルバイトに力を入れました。特に就職活動の前には、様々な仕事を経験しておきたいと思い、日雇いのアルバイトを積極的に行いました。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

当基金は、健康保険法の規定に基づいて、診療報酬の審査と支払事務を委託されており、公的機関に近い働きをしています。そのため、公務員に準拠している部分が多く、雇用は安定しています。仕事内容は、診療報酬の審査・支払を軸としていますが、医療保険制度の変化に応じて様々な事業を行っています。最近ではマイナンバーカードの健康保険証利用の推進にも携わっており、活躍の場が拡がってきています。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

私は入所してから、保険医療機関を対応する部署や保険者対応を行う部署を経験しました。そして、現在は本部で経理を担当しています。会計伝票の作成と入力が主な仕事です。業務は地道な作業の連続ですが、複数の部署から引継がれる数多くの請求書を時間内に処理したときには達成感を感じることができます。

新型コロナへの対応も安心です!

新型コロナウイルスの影響を受け、当基金でも時差出勤を実施しています。個人情報を取り扱う仕事であるため、在宅勤務は難しいですが、対面での仕事は減少しており、オンライン会議等で対応することが増えてきました。また、入所後の様々な研修制度においても、オンラインで行う等の感染対策が実施されています。

後輩へのメッセージ

私は働きたい業界を絞って就職活動を行うことを心がけていました。なかなか内定を取ることができず、焦ることもあるかもしれませんが、後悔のないように就職活動を行うことが大切だと思います。コロナ禍における現在の状況は、私が就職活動を行っていた頃とは大きく異なると思いますが、就職活動は多くの企業、多くの人と出会えるチャンスです。ぜひ楽しみながら頑張ってください。

社会保険診療報酬支払基金
  • 事業内容

    診療報酬の審査支払業務、出産育児一時金関係業務、高齢者医療制度関係業務、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給関係業務及び社会保障・税番号制度関係業務等

  • 本社

    東京都港区新橋2-1-3

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人事部 ダイバーシティ推進課
    03-3591-7441
    somu01@ssk.or.jp