株式会社横浜銀行

【業種】銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合

経済学部

株式会社横浜銀行

神奈川と東京を基盤に約5万社の取引を持つ、地域密着型金融機関。
融資やビジネスマッチングだけでなく、取引先の未来を見据えた提案を行う。

金融

2011年 上智大学 経済学部 経済学科卒業
横須賀支店 法人渉外 課長代理

吉田 翔一

大学時代に力を注いで良かった事!

大学時代は男女合わせて50名ほどのフットサルサークルに在籍し、その代表を務めました。そのほかでは、某新聞社の新聞勧誘のアルバイトを行い、飛び込み営業をひたすらしていました。雑談でお客さまとの距離を縮め、成約に結び付けるなど自分で工夫しながら行った結果、アルバイトの中で1番の営業成績を残せました。このアルバイトの経験が現在の仕事にも活かされています。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

過去の先輩方がしっかり取引してきてくれたため、約5万社の融資先とのお取引があり、その中で当行をメインバンクとして取引している法人数は神奈川県で1位です。大企業から中小企業まで取引先があり、様々な企業規模の案件に取り組めるのは横浜銀行ならではだと思います。また、OJTが終わったのち、すぐに担当先をもって渉外業務に臨めるなど、若いうちから責任あるポジションにつくこともあり、やりがいは大きいです。1時間単位で休暇を取得することができ、プライベートとのバランスも取りやすいです。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

法人企業に対して、融資やビジネスマッチングなどの提案のほか、企業の組織再編や事業承継についても提案・スキーム実行をするなど、会社の根底部分から見直すような提案も行っています。過去にはお客さまの組織再編をお手伝いし、新会社設立にあたり、社長さまより「吉田さんの提案から始まったから君の好きな色を社名に入れよう」と言っていただき、社名決定にも関与させてもらったのが一番やりがいを感じた瞬間です。

新型コロナへの対応も安心です!

銀行は緊急事態宣言下でも国より勤続を要請されるエッセンシャルワーカーであるため、緊急事態宣言中も中小企業の資金繰り支援のために奔走しました。一方、新型コロナウイルスを契機に、当社でもテレワークの導入が進み、現在は週に1回程度テレワーク勤務をしています。テレワークではお客さまへの営業活動ができない反面、案件の審査や提案書の作成などを集中して行えるようになり、業務効率があがる成果もありました。

後輩へのメッセージ

私が就職活動時に重要視してきたのは「人で勝負ができる業界」ということでした。縁あって当社に入社しましたが、それがまさにいま実現できていると感じています。銀行という商品を持たない業種だからこそ、自身の人柄・知識・提案力が他社との差別化となるのが非常に魅力的です。また、上司との距離感も近く、非常に風通しの良い風土がある会社だと思います。大学の後輩であるみなさまと一緒に働ける日を楽しみにしています。

株式会社横浜銀行
  • 事業内容

    預金・貸出・為替・投資型商品の販売業務、金融仲介、相続関連業務、投資銀行業務、事業承継、ビジネスマッチングなど幅広い金融商品・サービスをご提供しています。

  • 本社

    神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人財部 新卒採用担当
    045-225-1212