株式会社成城石井

【業種】スーパー・ストア

経済学部

株式会社成城石井

2027年に創業100周年を迎える成城石井。
新規出店により「世界の街角で買い物するようなワクワク感」を届ける。

販売・サービス

2017年 上智大学 経済学部 経済学科卒業
店舗開発本部 店舗開発部 開発課 主任

木村 優斗

大学時代に力を注いで良かった事!

大学時代はゼミでの研究に力を注ぎました。日本を取り巻く社会問題に対し、厚生経済学や統計学を用いて解決策を考案し、学外のカンファレンスで発表しました。その際に身に付いた資料作成能力やプレゼンテーションの技法は、今の仕事にも役立っています。また、趣味の旅行で得た経験や知見は、商談の場でのアイスブレイクで活用しています。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

当社は「世界の食品を世界の街角の価格で」をコンセプトに、順調に出店を拡大。スーパーマーケット、ワインバー、卸売業、貿易会社、セントラルキッチン(食品製造工場)の機能をもち、それらを組み合わせることで他社には真似できないビジネスモデルを構築。変化の激しい市場の中で常にチャレンジを続け、2020年度には売上高1000億円に到達。安定した成長を実現出来ていることが特徴です。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

私は現在、店舗開発部に所属し、新規店舗の開発や既存店の改装に携わっています。新規店舗の出店場所を開拓し、交渉や調整を重ね、ひとつの店舗を作り上げていくことは簡単な仕事ではありませんが、その難しさもやりがいのひとつです。実際に自分が携わったお店の開店日に、お客様から「この街に成城石井ができるのを待ちわびていたわ。ありがとう。」とお声がけいただいた際は、非常に嬉しく感じました。

新型コロナへの対応も安心です!

新型コロナウイルスの影響を受け、当社を含めたスーパーマーケットを利用するお客様が非常に増えました。お客様が求めるもの、サービスも日々変化しています。店内でのソーシャルディスタンスの確保や、レジでの飛沫対策シートの設置など、店舗と本部が協力して、お客様が安心してお買い物できる環境づくりに努めています。

後輩へのメッセージ

内定が出たらゴールではなく、本当に重要なのは入社してからです。目指している会社に入ってから何がしたいのかを明確にして、就職活動に臨むことが大切です。「この会社でこのようなことがしたい」という確固たる意志があれば、面接官にも気持ちが伝わるのではないでしょうか。ぜひ将来の自分の姿を思い描きながら、就職活動を頑張っていただきたいです!

株式会社成城石井
  • 事業内容

    食料品専門スーパーマーケット「成城石井」及びワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の運営、オリジナル商品の開発・製造、輸入、卸売

  • 本社

    神奈川県横浜市西区北幸2-9-30 横浜西口加藤ビル5階

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人事部採用教育課
    03-6625-4445
    seijoishii@seijo-saiyo.com