株式会社JSコーポレーション

【業種】広告

文学部

株式会社JSコーポレーション

日本最大級の進学情報メディアを企画・運営・発行する広告・出版企業で
年間1億3,000万PVを誇るサイトの認知拡大を通して高校生の進路選択に貢献。
web会議システム(Zoom)での面談も可能です
株式会社JSコーポレーションで働く広島大学OBOG社員

IT

2017年 広島大学 文学部 人文学科卒業
システム開発部 SEO

川治 航平

大学時代に力を注いで良かった事!

大学時代に力を注いだことは、ゼミでの研究とアルバイトです。ゼミでは卒論のテーマに井原西鶴の『好色五人女』を取り上げ、他にも江戸時代の文学を研究しました。そこでは、くずし字を解読したり、古い文献を読み込んだりという作業が中心であったため、集中力や根気強さが磨かれたと思います。卒論の執筆時の経験などもお伝えできればと思います。アルバイトでは映画館に勤め、チラシやポスター、バナーなどの宣材物の管理業務、新作映画の情報や感想や案内をお客様に伝える業務を主に行いました。この経験から広告に携わる仕事に興味を持ちました。

会社の特徴、良さ、雰囲気、ここが好き!

当社の強みは、常に学生に寄り添い、進路選択に役立つサービスが次々生み出されるところです。そのようなサービスを生み出し続けられるのは、「善きことを行う」という企業理念が全社員に浸透し、仕事上の指針となっているからだと思います。また、良い意味でお節介な人が多く、分からない点は時間を削ってでも親身になって教えてくれる上司・先輩がたくさんいます。そういった助けられた経験談から、実際に私が働く上で支えになったことを、これから社会に出られる皆さまへお伝えできればと思います。

私の仕事の内容、やりがい、楽しさ!

現在はSEOの仕事をしています。SEOとはGoogleなどの検索エンジンにおいて、自社のサイトが上位に表示されるよう、サイトの改善を行う仕事です。「この改善をやれば上位に表示される」といった絶対的な正解は無いので、毎日が試行錯誤の連続です。そのため、自分が狙った検索ワードで自社のサイトが1位に表示された時には、とてもやりがいを感じますし、正解が無い分、常に情報収集や勉強が必須ですので、知的好奇心に従って業務を行なえる部分においても自分に合っていて楽しさを感じています!

新型コロナへの対応も安心です!

当社では現在、新型コロナウイルス対策のためにテレワークが導入され、出社比率を減らす取り組みが行われています。私自身も今では、基本テレワークをしています。テレワークでの仕事のやり方はどんなものなのかについてもお伝えできればと思います。

後輩へのメッセージ

新型コロナウイルスの影響もあり、私が就活をしていた頃には想像もつかないような苦労が皆さんにはあると思います。しかし、そんな時だからこそ負けずに乗り越えることで、将来就職した時に、この就活の経験はあなたを支える自信の一つになっていると思います。自分がどんな仕事をしたいのか、どう働きたいのかをしっかりと分析して、悔いの無い選択をしてください。広島大学のOBの一人として応援しています!就活でのお悩みでも大丈夫です!気軽にお話ししましょう!

OBOG訪問すればあなたが得することはありますか?

回答:得することは大いにあると思います。まず、業界研究・企業研究という点においては、企業説明会や紙面・ネット上では補いきれない具体的な仕事内容をご質問を交えながら話せるので、今後の皆さまの就活の方向性を定める上で役に立つ経験になると思います。また、私自身も業務上差し障りの無い範囲でどんなご質問にも極力本音でお答えしますし、選考とは関係の無い場ですので、どんなにラフな質問でも大丈夫です!会社の雰囲気や働くとはどういうことか、私自身の就活での失敗談や、「こうしておけば良かった」なんてお話もできるかと思いますので、ぜひお気軽にお話ししましょう!

就活は情報戦です。知っておかないと損する情報教えます。

就活のマナーや最低限やるべきことなどは現在、様々なサイトや就活のガイドブックなどで紹介されていますので、プラスアルファで私自身が就活時に実際にやって良かったと思うことを2つ紹介します。1つ目は、『常にメモ帳とペンを持ち歩く』です。これは何のためかというと、バイト中でも勉強中でも、気付いたことや工夫したこと、(面白い、感動したなど)何か心動かされたことがあった時に即座にメモするためです。このメモしたことを振り返ることによって、言わばネタ帳のようになり、エントリーシートに書ける内容が増えたり、『自分がどういう人間か』を人事の人にリアルに伝えやすくなるので、自己分析や自己PRの助けにもなりました。2つ目は、『大学公式の履歴書は多めに購入しておく』です。就活真っ盛りの時期になると大学公式の履歴書が売り切れてしまったり、履歴書を買うために大学生協に行く時間が取れなくなったりしてバタバタしてしまったことがありましたので、これは知っておいて損は無いと思います。

3年生の5月のアドバイス

3年生の就活はインターンシップやOBOG訪問といったものが主流であると思います。理想を言えばインターンシップはある程度の中長期のもの、OBOG訪問もたくさんの人と交流することが望まれます。しかし、現実問題、学業やアルバイトでなかなか時間をとるのは難しいでしょう。3年生の時期は「この企業・業界に入りたい」と決め打ちで動くよりも、興味のあるなしに関わらず、社会勉強も兼ねて浅く広く色んな企業・業界を見てまわって、4年生になり就活が本格的に始まった時、その中から自分に合いそうなものを探す活動にウェイトを置くのがよいかと思います。思っても見なかったところから自分が興味を持てる企業・業界が出てくることもよくありますので。

4年生の5月のアドバイス

就職活動お疲れさまです。多くの企業からお祈りメールをもらい、周りの友人は内定を持っているのに、自分はまだ持っていないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、気に病む必要は全くありません。適度に息抜きもしつつ、1社1社誠実に向き合っていきましょう。私も何十社と選考を受け、たくさんのお祈りのメールをもらったことはもちろんあり、そんな私の経験から話すと、「自分を落とすとはもったいない」と考えることによって気分が落ち込まないように切り替えていましたので、そういう思考で就活に立ち向かうのもひとつの手かもしれません。もちろん面接などの場であまり傲慢なことを言うのは良いとは言えませんが、心の中では少しの傲慢さを持って気持ちを切り替えて乗り切りましょう。

広島大学の後輩にだから言える話をします

自分の経験から言うと、やはり地方の国立大学ということで、東京や大阪などの都会の大学ほどの人脈は作りにくいゆえに、入ってくる情報量にもハンデがあると正直感じます。しかし、数年前のとあるビジネス雑誌の企業アンケートによると、なんと、企業の人事の方の、広島大学生に対する印象がとても良いことが分かったのです。真面目さと人当たりの良さが特に評価されていたと記憶しています。ですので、誠実に自分らしく企業の人と接し、スマホなどを駆使して情報を積極的に収集していけば、広大生は他の就活生を圧倒できるパワーを持っていると思います!あと就活に付随する話ではありますが、卒論の厳しいところが多いと思いますので、そちらも抜かりなく準備を進めておくことをおすすめします。

大阪の都会で働くとは

私は出身が関西というのもあり、大阪で就職することを決めました。当たり前ですが、特に東広島キャンパスの学生の方にとっては電車の本数も人の多さも桁違いで、正直最初は困惑したりもしました。しかし、趣味の映画鑑賞でも、大阪にはシネコン・ミニシアター含め数多くの館があるので、仕事でうまくいかなかった時も休日はリフレッシュして上手く切り替えることができたので、そこは都会で働く良さかなと思っています。

株式会社JSコーポレーション
  • 事業内容

    広告・出版(進学情報誌の編集・発行、進学情報サイトの企画・運営、パンフレット等広報物の制作など)

  • 本社

    大阪府大阪市北区中崎西2-4-12梅田センタービル17階

  • お気軽にお問い合わせください

    問い合わせ先 人事採用課
    0120-83-1885
    saiyou@js-corp.co.jp